So-net無料ブログ作成

肌を美しくする食事とは [美容]

昔から一日のごはんで30品目とるのがいいと言われていますね。

30品目はなかなか難しいかもしれませんが、できるだけ偏りなくいろんな種類のものを食べるよう心がけることをおすすめします。自分で意識するだけでも食べるものは変わってきます。

何も考えないでいると一週間のうちに同じものをたくさん食べていたなんてことも。美肌にいいといわれるのはビタミンCですが、他のビタミンA、B、Eや、タンパク質も合わせてとるようにしましょう。

喫煙される方はそれだけでビタミンCが失われるので柑橘類などとるようにしましょう。タバコに含まれるニコチンがビタミンCを壊してしまうのです。

美肌のためには禁煙が望ましいですね。タバコを吸われるかたはコーヒーも好まれると思いますが、カフェインの取りすぎにも注意しましょう。

大切なことは、抗酸化力のある食べ物を摂ることです。

老化は体が酸化することなので、それを防ぐ食べ物を摂りましょう。

ビタミンCはよく知られてますが、ビタミンAはより高い抗酸化力があります。
緑黄色野菜を毎日たくさん食べましょう。

食べないほうがいいものは、特にチョコレートはニキビ肌の人や、かゆくなる人は食べないほうがいいでしょう。
刺激物も控えて。
また、カフェインは肌や体に悪く影響するのでヒーヒー、紅茶、緑茶などは1日1~2杯程度にして。
カフェインレスのものや、ハーブティー、ジャスミン茶、など、いろいろ試してみましょう。

肌にいい栄養素といえば、ビタミン。
とくに注目したいのが次の4つ。
これらはいわゆる抗酸化物質で肌を老化させる主犯格=「活性酸素」を除去してくれるんです。

足りないと思ったらビタミン剤を活用するのも手ですよね。
リジンやコラーゲンも肌にいいといわれてますよ♪


トラックバック(1) 

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。